双生

僕はずっと見てた、ずっと、ずっと。


誰もそばにいてくれない僕は、ずっと見てた、
いつも仲間たちを包まれた君を。

笑えることできない僕は、ずっと見てた、
いつも笑顔を綻ばしている君を。

陰の下で歩くしかできない僕は、ずっと見てた、
いつも日当たりの道で走っている君を。


僕は君のことをずっと見てたのに、どうして見てくれなかったのか。

そんなに輝いてる君のことを、僕には好きになるはずだ。
はずだ。

はずなのに…。


とうてい好きにならない。
とうてい気にすまないになってちまった。
気にくわないんだ。

知らず知らずのうちに、僕はナイフを握ながら、君が近く歩けば歩くほど、興奮しちゃって、ますます息がきつくなってきてた、やっと、やってきたんだ、この瞬間を。

この世の中、一番美しい花を綻ばしてや。

一体僕の目つきはどれだけ冷えるのは、知らなかった。
一体僕の口元はどれだけ拗けたのは、知らなかった。


ナイフを君の腹を刺す、あの瞬間。僕の笑顔が、きっと醜かった。

「消えて」僕は君の耳元に言った。



でも、
きっと何か間違えてった。劇痛が僕の腹でどんどん広めて行った。

再び君の目と合ったとき、君は相変わらず優しく微笑んでくれたのにひきかえて、僕の醜い笑顔を失った。


「私はずっと見てたよ、ずっと、ずっと」君はこう言った。
「見てくれなかったのは、あなたの方だったのよ。
気付いてくれて欲しかったの。だから、今朝はナイフを鞄に入れて置いたのよ。
もしかしたら、あなたを使おうかもって。
もしかしたら、これは唯一の方法、あなたと話す機会を作るかもしれないって。
でも本当に良かった、使ってくれたのは。
やっぱり幸せは通じないけど、痛みは通じられたんだ。
本当に良かった。」って


そういうことか、そうだったのか。

だから僕の目から見ると、君はずっと昼間にいてて、僕は夜しかなっかた。
だから僕は笑えることができなかった、君がいっぱい笑ってくれだからだ
だから君の歩く道しか歩かなかった。

僕は、君の影だった。


劇痛に耐えなくて、共に倒れてちまった。

「ごめんね、いつも嫌なことをあなたに負わさせて、もっと早く気づいてくれたら良かったのに」

君の声がやさしくて優しくて、流れてきた血までも暖かく優しいんだ。



結局、この世の中一番美しい花を綻ばしてくれたのは、君の方だった。

手はまだナイフから放さないままで、僕が君に刺したのに、ひょっと見ると、刺さられたのは僕の方だった。たぶん、もともと君はそういうもりだったかも。

意識がだんだん薄くなってきた。
君は微笑んで、ナイフを握ながら。

「再び目を開ける時、一体どっちがこの体を占められるのかな~」
君は言った。


まぶたが重くなってきて、





「だから、消えて」って。

------------------------------------完------------------------------------------

发表留言

秘密留言

自我介紹

∞正∞

Author:∞正∞
不对劲
不知道哪里不对劲

日历
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最新情報
ブログとも
カテゴリー
顔文字コピーボード
顔文字教室
最新留言
搜索栏
月別アーカイブ